2009年08月07日

肺癌 治療の最新情報

肺癌 治療のことがなんとなく気になりませんか?

<googleニュース>
ペプチドワクチンについて
離れて暮らしていた母親が末期癌になってしまい、今、私の側で抗がん治療をしています。癌は肺、胃、腸に転移してしまっています。癌に気付いたのが、1ヶ月前なもので、私も気が動転してい

葉月プラナスの会勉強会「肺がんとタバコと予防」を聴講して-化学療法 ...
肺がんの治療では、非小細胞肺がん以外ステージⅠ~Ⅲのがんは手術可能だが、切除には限界があること。喫煙者は肺機能が低下していることからさらに切除が制限されると述べ、喫煙ががん発症のみならず治療にも影響することも付け加えていた。 ...

あすなろおじさんのつぶやき 抗癌剤治療(化学療法)
初めての治療なので、入院して治療を開始し、副作用などをチェックします。以降、とくに問題がなければ外来で抗癌剤を継続していくことになります。 肺癌の抗癌剤治療、2剤併用で行うことが多い 75才以上、高齢者に関しては2剤で行っても単剤で行っても ...

銅人療法_腦痲痺的男孩 (7) 2008年2月3日(D) 香港藝穗會

たばこがうまい! 84歳老博士の面白闘病記 私は肺癌に勝った
価格: 1,020 レビュー評価:0.0 レビュー数:0
後藤迅幟 著  1989.08.06 発行ISBN 4-938564-33-5 C0095 四六並製・200頁内容紹介──あの世の迎えに居留守をつかった老博士が自らの健康の秘訣、ガン克服法、奇跡の薬草明日葉との出会いをユーモラスに語る。 目 次 ——私は肺ガンに勝った——プロローグ   ・私は一〇〇歳まで生きるぞ!   ・私の健康を支えてきたあしたばという野草   ・あしたばでガンに打ち勝つ   ・治ると信じれば何でも治る  一章 七五歳の末期の肺ガン    死の隣にいて   ・後藤さん、あんたもうダメだよ  ・心配ないですよ、単なる喉頭炎ですよ   ・単なる結核の後ですよ   ・ひょんなこと



専門医が語る肺がんがわかる本―検査・治療・緩和ケア 患者と家族が知っておいてほしいこと

価格: 1,890円 レビュー評価:4.5 レビュー数:2

父が肺がんの末期、と突然私たち家族に告げられました。定期的に検査にも通っていたのに、と納得いかないという気持ちと、これからどうしたらよいのか、という混乱した気持ちになんとか整理をつけたいと、この本を手にしました。



この本は、検査の内容やがんのステージ、また治療方法などについて、詳しく書かれています。抗がん剤の種類についても書かれていますので、最初に家族が読むには良いのではないでしょうか。



正直なところこの本を読んで、父の病状の深刻さを理解できましたが、どうしたらよいか、という問いの答えはまだ出ていません。もう少し緩和ケアとか代替医療について
...さらに詳しい情報はコチラ


フーガ(日産)
五十肩navi
事故車 買取

posted by ハトにんじゃ18 at 05:53| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。