2009年09月15日

肺癌 tnmの最新情報

こんにちは、今日は肺癌 tnmについてです。

<googleニュース>
肺癌の通院治療について
義父(67歳)が肺癌治療3クール目(パラプラチン・タキソール併用化学療法。副作用は白血球の減少と多少のだるさ程度)をまもなく終了します。主治医から今後の治療について説明があり、自宅から病院まで1時間強かかるのですが、「通院はもとより

pTNMの精度調査および標準化の検討-多発病変のpTNMについて
肺癌はBrierley等がカルテを用いて行った解析においてもっともTNMの精度が低いと報告された。昨年度我々は、自施設および愛媛県のがん診療連携拠点病院において病理組織の検鏡・記録の監査によって、肺癌のpTNM診断の精度とpitfallをしらべた。 ...

母のTNM分類と癌の進行ステージ
10月下旬に肺癌の手術をした。その結果を聞きに行った。術前のCTやPETでは転移がなく、T2N0M0でステージ1bと言われ、5年生存率65%と予想されていた。病理標本でリンパ節転移があってもステージ2bで5年生存率45%と思っていた。 主治医が『リンパ節転移は ...

(WGE Alliance HK No.1) Dream Crossover HK 新加坡加利鐘先生肺癌末期改善見證

Mook肺癌の臨床(2005ー2006)
価格: 7,350 レビュー評価:0.0 レビュー数:0
疫学・病理・発見・診断・治療 著者:加藤治文出版社:篠原出版新社サイズ:ムックその他ページ数:471p発行年月:2006年03月この著者の新着メールを登録する【目次】(「BOOK」データベースより)疫学(肺がんの発生動向/肺癌の遺伝子素因)/病理(末梢肺の扁平上皮癌の発生機序—発癌因子との関連/悪性胸膜中皮腫の悪性度を決定する因子 ほか)/発見(肺がん検診の必要性/喀痰細胞診による早期肺癌の発見/肺癌スクリーニング法の新展開—PETを用いたスクリーニングは有用か(医療経済を加味して)/分子生物学研究の進歩)/診断—末梢型肺癌、中心型肺癌(FDG‐PET/CT、MRIの所見と鑑別診断 ほか)この



不妊症原因
ホンダフィット(fit)
ネットワークビジネス

posted by ハトにんじゃ18 at 00:16
"肺癌 tnmの最新情報"へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。